読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまうまライフ

妊婦のつれづれ日記でございまーす

マイRPGポリシーと「ダンジョン飯」

マイ RPG ポリシー

来年新しいドラゴンクエスト

プレステ4と3DSから発売される聞いて

胸熱なウマ子です。

(そんな時間あるんか...?)

 

私はゲームのジャンルの中でもRPGがダントツで好きです。

めり込み過ぎて主人公たちの事を

毎回我が子のように思っておりました。

主人公の名前は私の名前、相棒には妹の名前って感じで。

 

全滅して欲しくないから

ダンジョン中のボスは圧倒的な強さで倒すため

くまなくダンジョン内を練り歩き

レベル上げに雑魚キャラを倒しまくる。

 (途中ゲームが進化して主人公のレベルに合わせボスも

 強くなるようになってしまい、くやしく思っていました)

でも途中で町に戻るのはめんどくさいから

安い薬草大量に買い込んでチマチマ回復させながら

進める。(ゲームの中までケチケチしてた)

魔術は対ボス戦のために、あんまり使わせない

もちろん宝箱の取りこぼしなんて無いよ☆

 

 

そんなポリシーでゲームを攻略してたため

私の育てたパーティはいつもダンジョンの中で

すんごい空腹の中、一番安い薬草で戦ってたんだなー

ほんと、気の利かないお母さんでごめんねーって思いました。

強そうな武器と防具をいち早く買いたいために

みんなの食生活、気にかけてあげられなかった。

 

 

で、ダンジョン飯

 

 

 

 

すごい発想!

勇者たちがダンジョンを攻略しながら

あらゆるモンスターを食材にして

食べていっちゃうっていう漫画です。

 

そのモンスターもあながち現実にいる動植物に

似ているからモンスターの調理方法を読んでいると

「ん...?イケるかも...?」

「おっ、この食材なら美味しそう」

と想像できます。

 

食レポのうまい芸人さんや作家さんって

けっこう食材を生き物や別のものに例えて

表現する事が多いのですが

彦摩呂さんの海の宝石箱とか)

そのへんの表現もモンスターだけど、

具体的な味が想像できて分かりやすい!

 

元の素材がモンスターなので

実際に食べる事は出来無いのですが

巧みな食レポ?表現で

「はあ〜食べてみたいなー」と

感じました。

 

 

 

 

次回私がドラゴンクエストするときは

勇者たちが調理しやすいよう

薬草はいろんな種類持たせることにしよう...

 

 

 

皆様からの応援、ブログ更新への活力でございます!

パイルダーオンしていただくととても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ