読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまうまライフ

妊婦のつれづれ日記でございまーす

豊臣秀次はどうすれば良かったの...?考えてみた【今週の真田丸感想】

日常生活

他人事に思えない豊臣秀次 

ネタバレあります。まだ見られていない方ご注意を!

 

先週と先週の真田丸、見られました? 

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

詳細はあらすじページを見て頂くとして...

 

絶対的権力を持つ秀吉の顔色を伺ってばかりの秀次。

自身は関白であるのに自信が持てず

やる事は裏目に出るし、人の好意は歪んで捉えるわ、

出来事を必要以上に悪く捉ます。

秀次は秀次で素晴らしいところもあるし、特別子供っぽい人でもない。

なのにどんどん自分の立場を自分で悪くしていく姿がもどかしいし、辛くて。

わたしも基本的に自信が無くて悪い事が起きると

勝手に悪い方悪い方に考えてしまうんですよね。

今週先週の秀次は他人事に思えず

最後の秀次が涙流すシーンにわたしもポロポロときてしまいました。

 

ほんと、秀次役の新納さんは素晴らしい演技でした。

www.nhk.or.jp

だいぶ前からNHKのオフィシャルサイトでインタビューページがあったけど

ネタバレ怖くて今日まで読まないようにしてたでね。

 

 

で、豊臣秀次はどうすれば良かったの...?考えてみた

この「どうすれば良かったのか?」問題。

ドラマが終わった後もずーっと考え込んでいます。

2ちゃんねるでも議論されているみたいですが、

誰々を殺しておけば良かったとか鶴松を仁先生の力で生き返せば良いとか

戦国寄りな内容でした。

 

じゃなくって。

こういう状態、普通に生きていたらたまに見る光景なような気がするんですよ。

切腹が、じゃなくて、自信無い人が追い詰められるようなこと。)

ここまでふさぎこまない人や、普段自信を持ってる人は

「悪く考えすぎや」「こんなことくらいで?」で済むんかも。

でも日々自分の自信の無さを自覚しながら生きる身としては

明日は我が身と、ある程度自分の中で対策を考えておきたいと思っています。

 

・秀吉は秀吉で秀次のことを思っていた様子を忘れない...!

 客観的に見ると、秀吉は秀吉で秀次のことを思って厳しく言ったり

 良い時にはすごく褒めたり。

 少しはケムたがっていた所はあったけれど

 それは息子の拾が大人になる遠い未来の話。

 秀次の事がキライ、死んで欲しいなんてまったく思っていない。

 頑張って欲しい、堂々としてほしいと思って色々と秀吉なりに

 気にかけているんですよ。

 強い者の思いが弱い者にうまく伝わらない様子がこのドラマで

 すごく分かりやすく客観的に見ることができました。

 この客観的に見ることができたのは私にとって大きな収穫です。

 秀吉の思いなストレートに秀次に伝わっていれば...

 秀次が秀吉の本当の心に触れていれば...

 「考え方の違う人間同士、こうもこじらせるものなのだ

 という一つの例として忘れないようにしたい....

  

・秀次は鬱だったかも。そうであれば休むなり病院に行くなりする

 これもまとめサイトTwitterで見たのですが

 秀次の鬱説。

  たしかに秀次の最期の行動は鬱の人が取る行動のように思えます。

  当時は今程、鬱に対する対策は無かっただろうから

 現代の文明の力にあやかり地道に治していきたいところ。

 

 

と、つらつらと書いてきたのですが。

自信が無いのは生きていく上で辛くてしんどい部分でもありますが

見方によっては良い点にもなると思うんですよね。

自信が無いゆえ、意見の強い人に流されるのは良く無いけど

自信が無いゆえ、調べるとか人の意見を聞くとか努力をする部分もある。

短所は長所、長所は短所じゃないけど、そういう考え方もあるからね。

 

小さい秀次と秀吉を心に住まわせて、厳しい局面になったとき

客観的にあの二人を思い出して自分を追い詰めないように

していこう...と思った次第でございます。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

パイルダーオンしていただくととても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ありがとうございまーす!