読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまうまライフ

料理好きな主婦のつれづれ日記でございまーす

【読書ログ】津村記久子さん著 くよくよマネジメント

本の感想

自分語りのモヤモヤ。

たまにリアル付き合いで自分を大きく見せるための自分語りが過ぎる人がいるんですが

(私の周りでは主に50代男性が多い...?)

会話の中で延々とそれをされると聞いてる方ってなんか疲れますよね。

でも人間だから自分の話がしたい時があるって分かります。

だから自分でもやってしまってる時もあるんだろうな〜。

 相手を知らず知らず疲れさせてしまっていないか恐ろしい。

 

 津村記久子さん著 くよくよマネジメント

くよくよマネジメント

くよくよマネジメント

 

本日はこちらの本のご紹介。

以前紹介した

umakosan.hatenablog.com

「ダメを磨く」の共著者、津村記久子さんのものの考え方が誠実で素敵だなと

思っていたところ、個人でエッセイも出されていたので早速読んでみました。

 

文学賞をたくさん受賞され、コンスタントに本を出されているため

順風満帆のように見えるのですが、このエッセイを書かれている時にも

津村さんの周りでは仕事に人間関係に健康にとなかなか悩みは尽きないようです。

ですが、その悩みとの向き合い方が思った通り誠実で、真摯なんです。

そんなお姿を読んでいると、無理やりポジティブ思考で「悩まない!」と

思考停止させるよりもくよくよ考えて、自分を納得させる事も

自分を大切にする一つの方法かもな。とも思えました。

くよくよ以外にも普段津村さんが日常感じていることを

書き綴っており、楽しく読めました。

 

自分語りのモヤモヤ、そういう事か。

話戻ります。

自分を大きく見せるための自分語り。

くよくよマネジメントでも「自分語り」に関してのエッセイがあります。

私がモヤモヤしていた部分についてこう書かれていました。 

 

会話をさりげなくせき止めて、自己像をばら撒くと言う行為は、

野暮なことですし、他者がその人自身の物語に、誰をどう描くかは、

その人自身の判断でしかありません。

親切な人だと思われたけば親切に、キレイな人だと思われたければ

身ぎれいに、楽しい人だと思われたければ、表情や声の調子に気を配ります。

それらはけっこう手間のかかることです。

ですが、その手間を惜しんで手に入れた評価なんて、とても儚く

忘れられやすいものであるように思えます。

 

人に良い人だと思われたければそのような努力が必要で

その努力無しに手軽に自分を大きく見せようとすると人ってのは

分かるもんで、そんでもってそれは相手を白けさせる行為で、

誠実に人と付き合いたいときには誠意がいるよね。と思った次第。

自分を大きく見せたい欲の何が良くないのか。

モヤモヤよくわからない状態だと自分もやりがちだけど

スッキリ納得できたから今までよりはその欲を少しセーブできそうです。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

パイルダーオンしていただくととても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ありがとうございまーす!

 

引越し屋さんの選定 見積もりしてみた...が!【引越し大作戦リターンズ4】

引越し大作戦リターンズ

今まで転勤扱いだったので、旦那さんの会社契約の引越し社を使っていました。

なので自分自身にご贔屓の引越し社さんもそれと言ってないし、

会社契約で使ったところ以外のサービスも知らない。

なので極力お安く、かつサービス良さげなところにお願いしたい。と

数社に見積もりをお願いすることにしました。

 

引越し見積サービスを使ってみた

たまにテレビCMされている某引越し見積サービスを使いました。

 

現住所、新住所、名前等々を入力し、データを某サービスに送信。

そしたら続々と引越し業社さんから「見積させてください電話」がきます。

見積に来てもらう日の時間調整をし、当日順番に見てもらい

最終的に一番安く、サービスの良さそうなところにお願いする、という算段。

 

土曜の休みの日にうまく時間をずらして計7社くらいに部屋を見てもらう

ことにしました。

 

当日最初の1社だけ夫婦で見てもらって、その後の見学を

旦那さんに任せ、私は他用で外出しました。

 

 で、帰ってきたら。

 

旦那さん:「おう、もう2社目に見てもらったB社さんに決めたから。」

 

私:「は?なんで?のこりの5社は....?」

 

旦那さん:「全部断った。最初のA社さんも断った。」

 

私:「なんでなんでなんで...?」

 

旦那さん:「だってよう、今ここでB社に決断してくれたら

            こんなけ安い見積で、当日荷造りまでしてくれるって言うからさ〜」

 

確かに... A社さんで見積もってもらった金額より2万ほどお安い。

全部荷造りもありがたい。

でも、後5社見積予定があったのに決めちゃったんだ...

 

B社営業マンは他の業社すべてに断りの電話いれさせるまでその場に居たそう。

B社さん...なんというか飽くなき商売への執念。

ここで!絶対!この客を!仕留める!!!!という意気込み感じます。

見事捕まってしまう、我が旦那さん。

 

できれば全社に見積もってもらってじっくり査定したかった私でしたが

旦那さん満足してるし、なんかもう(どうでも)良くなってしまった。

という事でB社にお任せする事になりました。 

 

ちなみにその後、見積サービス経由からのセールス電話が

嵐のように来るようになり、むやみやたらと個人情報を出すもんじゃ無いな...

と反省しつつ。

引越し屋さん選定は幕を閉じましたとさ。

 

 

 

    

最後まで読んでくださりありがとうございます!

パイルダーオンしていただくととても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ありがとうございまーす!

 

2度目の部屋選び【引越し大作戦リターンズ3】

引越し大作戦リターンズ

2年ぶりの部屋選び

2年前も今住んでいる部屋を探すため部屋探しをしていました。

その時の記事はコチラ

umagozen.blog105.fc2.com

umagozen.blog105.fc2.com

 

1記事目のnanapiさんで紹介されていた効率的な物件探し、

今回もやってみました。

 

簡単にまとめると

・地域(最寄り駅)、部屋の大きさ、予算など希望項目と優先順位を決める

・suumoでめぼしい物件を探す

・suumoでその地域にある不動産屋複数にメールで

 希望の項目、めぼしい物件のURLを送り、

「この希望項目内でオススメはありますか?」と送る。

・レスポンスが早い、

 希望を理解してくれた上での提案をしてくれるか?をポイントに

 不動産屋を選定する

・自分自身、先方に失礼が無いよう対応に気をつける

になります。

 

物件探しのパートナーとなる不動産屋さんはデキる人であってほしい!

今回もこの複数の不動産屋にメールした上で選ばせていただきました。

 

やってみて感想

・このnanapiさん戦法、不動産業界で周知の事なのか?

 ほとんどのところが速攻で返信&提案してくれました。

 2年前の時と少し状況は違えど、業界の対応とは変わったのかな...

   

・実はなんとなく前回お願いした不動産屋さんは全国チェーンだったので

 きっとまた同じところだろう、と考えておりました。

 とにかく前回の対応が良かったので、きっと

 社内でマニュアルでもあるんだろうな。と。

 ですが、違ったのです。

  同じ不動産屋さんからのレスポンスは早かったのですが

 少しこちらの意図を汲み取ってもらえていないようでした。

 こういう勘の良さみたいなものは担当者にもよる...?

 部屋紹介のセンス?経験もあると思いますが「職業人やな...」思いました。

 

今回は前回とは違う全国チェーンの不動産屋さんにお願いする事になりました。

最初のメールの時からキラリと光るセンスあるお部屋紹介をされる方だったので

その後も対応良く、楽しくお部屋選びをする事ができました。ありがたし。

 

お部屋選び あれこれ雑記

・予算に始まり予算に泣いて予算に笑い予算に終わる

今回は会社の住宅補助が無いのでオール自腹の住居費になります。

(普通そうなんだろうけど...今までが恵まれていた...)

毎月の固定費になるのでここを!しくじると!

かつかつ貧乏生活スタートになります...

きっちり予算立てをし、「築浅、駅近、広いお部屋スキー」な旦那さんを

なだめすかして部屋選び。 

 

・大家さんの人柄が垣間見えた部屋探し

 何件か候補の部屋を見て回ったのですが部屋によっては

大家さんの人柄が見えることもあるもんなんだな、と感じました。

 

1件目は前の住民が引越してから何日か経つのに

まったく掃除などがされておらず生活感そのままなお部屋。

壁がカビや落書き、傷だらけで

「お部屋は住居が決定次第キレイにします」とのことでしたが

どこまでキレイにしてくれるのか不安で候補から外すことになりました。

(だって干からびたGがいたんだもん...泣)

 

2件目は逆に好感の持てたお部屋。

入り口にキレイなスリッパが用意されており、

部屋の奥へ行くとウエルカムボードが設置されていました。

そこにはお手製のプレゼンシートらしきものが置いてあり

・マンション全体の掃除の工夫

・近くの買い物や区役所等、生活に必要な情報

が記されていました。

大家さんがこういう事にマメだと、なんとなく安心ですよね。

 

決めては「大家さんの対応の良さ」っていうわけではなかったのですが

この2件目のお部屋を借りることになりました。

コスパと立地関係が決めてになったのですが、このあたりのバランスの

良さも「この大家さんならでは」な気がします。